築10年の建て売りを売却しました。(女性/40代)

女性/40代

私は2年ほど前に自宅を売却した40代の女性です。

築10年ほど経過していましたが、独身時代に主人が新築の建て売りを購入し、
一人で使っていたので、まだまだ新しくとてもきれいな状態でした。

キッチンをあまり使用していなかったので、シンクもピカピカでした。ただ、大きな難点が立地でした。

その家は市街地からとても遠い田舎で、歩いて行ける場所にスーパーや飲食店はありません。
そして、田んぼがほとんどを占めていたので、夜は人通りがほとんどなく真っ暗だったことです。

また、交通の便も良いとは言えず、電車も1時間に1本しかなかったので車が必須でした。

子どもが生まれるまでは自転車が利用できましたが、
病気の時などはタクシーを利用して病院に連れて行かなければいけませんでした。

このような理由から、もう少し生活の便が良い場所に住みたいと考え始め、
主人と話し合いを重ねた結果、最終的に自宅を売却することになりました。

住んでいる地域には不動産会社が1社しかなく、どのように売却していいか分からないので、
その会社に全てを任せることにしました。

販売価格も高く、自分たちが満足いくものだったというのもあります。

しかし、販売がスタートしてもなかなか買い手が現れず、価格を毎月のように下げる結果になったのです。

半年ほど経過して、最初の金額から500万円ほど価格が下がった時、
思い切って不動産会社を変えることを決心しました。

それは、知人の情報でインターネットによる不動産一括査定サイトの存在を知ったからです。

物件の査定を複数の不動産会社にしてもらえるので適正な価格を把握でき、
最終的には納得のいく値段で売却することができました

人気の不動産一括査定サイトはこちら