このページの目次を開く

実際の体験談をご紹介

査定額は安くなったけれど、買手がすぐについた(女性/40代)

女性/40代

遠くへの引っ越しが決まったので、マイホームを売却することにしました。

不動産会社の選び方がわからなかったので、不動産査定サービスで一括査定をして、
一番に返事をくださった不動産会社に決めました。

大手の企業ではなく会社を設立して間もないところでしたが、丁寧な対応と
質問にしっかりと答えてくれる誠意があったので信頼も置けて、満足のいく売却にもなりました。

売却価格は最初の査定価格からは安くなってしまいましたが、
価格が安くなったことですぐに買手がついたので良かったです。

売却したマイホームは中古物件でしたが、担当してくださった方から、自分でできるところはDIYで綺麗にしておいたほうがいい
とアドバイスを貰ったおかげで、買手の方からも中古物件なのに綺麗だと気に入ってもらえました。

売却は初めてでしたが、担当してくれた方が売却について簡単に説明してくれたので助かりました。

おすすめの不動産一括査定サイトはこちら

マンションを売って一戸建てを購入(女性/30代)

女性/30代

購入当時は感じなかったのですが、子供が成長していくにつれて、マンションが段々と狭くなってきました。

それを機に、マンションを売却して一戸建てを購入することを決めました。
購入を決めた一戸建ては分譲地の最後の1棟で、担当している営業者の方も熱心に販売していました。

分譲マンションの評価は無料査定サイトだとそれなりに高かったのですが、住み替えが難しいと相談した時にも、売却できなくても買い取り保証をつけるという話を持ちかけてくれたので、売却手続きをすることにしました。

内覧者の方にはマンションのメリットはもちろん、デメリットも話しておくようにしました。

あとで契約が無かったことになるのが嫌だったので、内覧のときにすべて話しておいたほうがいいと、
担当者の方から助言してもらっていました。

自分でも、売却するための努力が必要なのだと感じました。

家を移るために自宅を売却(女性/40代)

女性/40代

母がグループホームに入居したことで、障害者である兄の面倒を見ることになり、
自宅が手狭になってしまったので、売却することになりました。

8年間しか生活していない自宅は状態も綺麗だったので、売却するのが惜しくもありましたが、買手がすぐについたことや、査定サイトで示された以上の金額で売却することができたので良かったです。

自宅の売却についての交渉も、すべて不動産会社の仲介をして行ったのもあり、
トラブルなどは起きずにスムーズな手続きをすることができました。

売却や引き渡しのときに新居への入居もできたので、家を移るタイミングもばっちりでした。

気心のしれた不動産会社に売却を頼んでいたので、安心して手続きを済ませることができました。

おすすめの不動産一括査定サイト

イエウール

イエウール
  • 60秒の簡単入力で不動産の無料一括査定が可能、初心者でも安心
  • 全国1200社以上の厳選された不動産会社が最適な査定価格を提案
  • 早く・高く・失敗しないで家を売却したい人にぴったりなサイト

よくある質問

売却の前に知っておくことは?

一戸建てやマンションを売却しようと決められた方には、ポストに投函されているチラシを見て決めたという方もいます。

ですが、チラシを情報源にして、そこで紹介されている不動産会社に売却をすることはおすすめしません。

こうしたチラシは、売却物件を募集する目的で配られているものが多いため、売却の依頼をしたとしても、
決まっていたはずの買手とは契約が無かったことにされていたりするので、チラシに書かれている不動産会社を頼るのは危ういとされています。

そのため、チラシではなくインターネットでの一括査定による不動産会社の選別をした方が、
売却が初めてだという人にはおすすめです。

査定価格もすぐに表示してくれるので、どれくらいの価格で物件が売れるのかを想定しやすくもなります。

物件の相場は知っておいたほうがいい?

物件の相場は地域差が出たり、アクセスの良さでも変わってくるので、
自分の住んでいる家がどれくらいの相場なのかは売却前に知っておく必要があります。

この相場を知っておくことで、一括査定をしたとき、
相場よりもあまりに高い価格で査定価格を表示している不動産会社などを見分けることができます。

高すぎる査定価格を提示している不動産会社は依頼を受けるために査定価格を上げているだけなので、
いざ売却するときになると、査定価格はもちろん予想以上に安い金額で物件を売却することになってしまうこともあります。

査定価格=売却価格ではないので、査定価格に惑わされず、信頼のできる不動産会社を選んで売却の依頼をしましょう。

査定価格が売却価格になる?

査定価格は、周辺物件の相場や不動産会社が将来生み出す純収益というものの、現在価値の総和を求めて出る価格が算定されたものです。

不動産会社によって査定価格が変わってくるのは、不動産が生み出す純収益の総和が違っていることが理由です。
査定価格は、あくまでも物件の相場等を計算して出された目安の価格となっているのです。

そのため、訪問査定によって直に物件を見て改めて査定をすると、売却するときの価格がまた変わってきます。

この売却価格は、基本的には物件が綺麗な状態を保っているかどうかで高くなるか安くなるかが変わります。

欠陥住宅のようになっている物件の場合は、業者に頼んでリフォームなどをしてもらう必要も出てくるので、
担当者となった方に少しでも売却価格を高くするにはどうすればいいかを相談して、売却価格を高くする努力をしましょう。

家を購入したときより高く売るにはどうすればいい?

自宅を売却するとき、誰しも思い入れのある家を高く売りたいと思います。

買ったときよりも高い価格で売却しようと、自宅に対する評価を相場以上にしてしまう方は少なくありません。

ですが、そうした思いでキッチンなどの内装に手を入れて綺麗にしてみても、
訪問査定のときの評価の対象となることはありません。

物件を、買った時よりも高い価格で売ろうとすると、まず買手がつき難くなってしまいます。

また、売手からは思い入れのある家でも第三者からすれば、高い価格で売りに出されている物件
という印象しか受けないため、内覧に来てくれる方も少なくなってしまいます。

買手がつくようにと値段を下げても売れず、またさらに値段を下げることにもなり、結果的には安値で売却することになってしまいます。

ですから、最初は相場に合わせた価格を指定して、担当者の方と相談しながら売却価格を決めていきましょう。

売却する時室内を綺麗しておく必要はある?

物件を売却に出すと、内覧希望者が出てきます。

内覧希望者の方は一度室内を見て、物件を購入するかどうかを決めるのがほとんどです。

よって、内覧にやってくる前に、室内をクリーニングして綺麗にしておいたり、水回りを綺麗にしておく必要があります。

担当者となってくれた方が訪問査定に来たとき、そうしたことを説明したりアドバイスしてくれるので、
室内の所で気にしておくことがあるかどうかしっかり聞いておくようにしましょう。

室内が綺麗になっていると、買手がすぐにつきやすく、売却の手続きもスムーズに済みます。

また、勝手口や窓等を冷蔵庫や本棚といった家具で塞いでしまっている場合は、内覧の時だけでも直しておくといいですね。

住み替えの時は購入と売却、どちらから始める?

転勤や引っ越しなどの事情で新しい住居を購入して、住み替えをする必要がある方は、
購入を先にするか売却を先にするかで、状況が変わってくるので最初に決めておくようにしましょう。

購入を先にするメリットは、不動産で紹介されている物件に同じものが出ることはほとんどないので、気に入った物件をすぐに購入できる点です。

ですが、売却を決めた不動産にまだローンが残っている場合、それが売却できるまでWローンを抱える状態になってしまいます。
売却を先にすると、売却が確定していれば、新居の予算がはっきり決まった中で新居を探すことができます。

しかし、引き渡しの時期まで新しい居住先の購入ができていないと、
賃貸住宅に入る必要などが出て来るので、無駄な費用がかかってしまう可能性があります。

一社の不動産会社に売却と購入を依頼しておけば、売却と購入を同時に行うことができるので安心です。

売却するときに必要になる費用は?

自宅(物件)を売却するときにかかってくる費用の一つに、仲介手数料があります。

これは不動産会社に依頼をした時点で発生するもので、物件の販売価格によって値段は変わってきます。
200万円の物件の場合、かかる仲介手数料は販売価格の5%となります。

不動産会社に売却ではなく買取の依頼をした場合は、新しい買手を見つける必要がなく、
不動産会社に仲介役をしてもらう必要もないので、この仲介手数料は発生しません。

他にも、売買契約書に貼付する印紙代なども必要になります。

印紙代は、5000万円以下の物件なら、1万5千円となっています。
また、特殊な費用としては、解体費用というものがあります。

建物を解体して、土地を更地にする場合にかかる費用です。売却だけを行うときには解体費用はつきません。

ハウスクリーニングはプロに頼んだほうがいい?

買手となってくれる内覧者は、ほとんどの方が第一印象で物件の良さを決めます。

特に女性はその傾向が強いため、細かいところもチェックしている方が多いです。
庭付きの物件などは、プロのハウスクリーニング業者に頼んで綺麗にしてもらうことがおすすめです。

ですが、リフォームやクリーニングなどに費用をあまりかけたくないという方は、
自分でできるDIYで室内を綺麗にしておくようにしましょう。

担当者の方は客観的に部屋を見てくれているので、何処に気を配ればいいのか綺麗にしたらいいのか、的確にアドバイスしてくれます。
クリーニングなどの必要性があるかどうかも、担当者の方と相談して決めるのもいいですね。

また、カーテンを変えて、家の中が明るく見えるように工夫することも大切です。

物件が売却されてる時に気をつけることは?

まず、自分の物件がどのような広告をうたれているかをチェックする必要があります。

広告を見ておくこと、買手の目線で見ることができるので、購入したいと思える記事になっているかを確認することができます。

また、担当者から売却活動についてどうなっているか、
状況が把握できるようにメールか書面でのやり取り
をしておきましょう。

熱心に売却活動を行っている担当者なら、個人や業者、それぞれからの問い合わせについても教えてもらうことができます。

物件への感想なども、担当者の方を仲介して聞いておくようにしましょう。

どれだけの人が自分の物件に興味を示しているかを確認することができるので、
いつ買手がつくのかと不安になる必要もありません。

また、内覧にやってくる日取りを決めやすくもなるので、買手が早くつきやすくなります。

ローン返済中でも売却できる?

家の買い替えを行う際、ローンを払い終えていない方は多いです。

家を売却するときにローンの返済が終わっていなくても、売却は可能となっています。
ですがこの場合、一つの条件がついてきます。

それは、売却が完了したときに、住宅ローンの金額を一括で返済する必要があることです。

売却で得た利益でローンの返済をする方がほとんどですが、
ローン残高を下回った売却価格の場合、不足分を自分たちで調達する必要があります。

住宅ローンを全額返済して家の買い替えを安心して行いたい方は、複数の不動産会社に査定してもらって、
少しでも高い売却価格で物件の売却をしてくれる不動産会社を探す必要があります。

一括査定サイトを利用して、自宅の査定価格がどれくらいなのかを把握して、複数の不動産会社のどれか一社に売却の依頼をしましょう。

住宅ローンが残ってる家の売却方法は?

住み替え住宅ローンは、住宅ローンが残っている家の売却方法の一つです。

現在暮らしている家のローンの残債を、新居の住宅ローンと一緒にする方法です。
ですが、この場合新居のローンと一緒になるため、借入金額が多くなってしまいます。

金額が多くなると審査も厳しくなるので、借入ができなくなる可能性もあるので気をつけましょう。

二つ目は、任意売却という方法です。

任意売却を専門としている不動産会社に任せることによって、住宅ローンを一括で返済しなくても売却することができます。
これはローンがなくなったというわけではなく、分割して金融機関に支払うことになります。

また、ローン返済が果たせなかったということで、信用情報機関に登録もされてしまうので注意しましょう。

三つ目は競売です。競売は債権者が住宅ローンを払っていない人の家を、強制的に売却することです。
家は安値で売られてしまうほか、家からも追い出されてしまうので、これだけはなるべく避けましょう。

家の売却時にかかる税金は?

家を売却したときには、分離課税という給与所得とは違う税金を計算する必要があります。

家を買った時よりも高く売れた場合には、その分の利益を申告しなければならなくなり、確定申告をする必要がでてきます。

家を買ったときよりも安い価格で売られてしまった場合は税金がかかりませんが、
所得税の還付を受ける特例が適用される可能性があるので、やはり確定申告が必要になります。

確定申告をすることによって税金の負担が軽くなるため、家を売却した時にはきちんと確定申告をしましょう。

自宅を売却したとき、購入時よりも安く売却することになってしまった人は、譲渡損失の繰越控除制度というものを利用しましょう。
これを利用すると税金が戻ってくることがあります。

ただし、家を売却した翌年の2月16日から3月15日までに、確定申告を出していないと無効になってしまうので気をつけましょう。

このページの先頭へ